ヴィクト&アヴェンチュラ

最も接戦となった最優秀4歳以上牡馬は、ドバイワールドCを制したヴィクトワールピサ(栗・角居、牡5)が129票で、104票のトーセンジョーダン(天皇賞・秋)を抑えて、前年の最優秀3歳牡馬に次ぎ2年連続のJRA賞受賞。年度代表馬部門にも1票入り、今春からの種牡馬入り(シンジケート12億円)に花を添えた。角居調教師は「ドバイワールドCを勝てたので、ひょっとしたらという気持ちもありましたが、秋が不振でしたからね。光栄です。種牡馬としても必ずいい子を出してくれると思っていますし、JRA賞を頂けるような子の誕生を期待しています」と、子供の活躍にも思いを馳せた。引退式は15日京都競馬場の昼休みに行われる。

 また、最優秀3歳牝馬にはアヴェンチュラ(牝4)が選ばれ、角居師はW受賞。「春に(骨折休養で)使っていなかったので、選ばれるとは思っていなかった。ものすごくうれしい」と満面の笑みを浮かべた。エリザベス女王杯2着後、両第3手根骨の骨折が判明したが、すでに北海道安平のノーザンファームで運動を開始。「夏にはカムバックして、今年こそエリザベス女王杯を勝ちたい」と意欲を燃やしていた。
[PR]
# by afdgag | 2012-01-25 15:10


あさ


by afdgag

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧